BRONXXXさんのボーカルに会う


平成30年2月2日(金)21:30~22:00
スタジオ246難波で、BRONxxx(ブロンクス)パンクバントのボーカル花房君と、20年ぶりって、いいくらいに、久しぶりに会いました。

出会いは、ビジュアルアーツで、18歳と私は40歳位で、22歳ぐらいの年齢差があり、今私は68歳で、花房君は40歳をもう越えていた。

彼は、お昼のクラスなのに、夜間のクラスに友達がいて、夜間のクラスに混ざって、授業を受けていたのだけど、掃き溜めに鶴。

【意味】掃き溜めに鶴とは、つまらないもの中に、飛び抜けて優れた者や、美しい者が混じっていることのたとえ。

【注釈】汚いごみ捨て場に、ひときわ美しい鶴が舞い降りたことから。

【掃き溜め】ごみをまとめて置く場所。
【解説】言い方を変えると、色々な種類のものが寄せ集められているところ。

1971年のイタリア映画、ヴェニスに死す、に美少年が出て来るんだけど、その少年のように、真っ暗な暗室に、美少年が降りたって、掃き溜めに鶴って印象だったけれど、卒業から25年経つと、あの美しい美少年は、見つけられず、声をかけて貰って、わかった。顔は、やはりキリリとしていました。

当時の彼は、細くて真っ白だったんだと思う!そしてまだ、社会に出ていなくて、とっても素直だったんだと思う。

彼の卒業制作の題名は、「はざま」
大きなビルに挟まれた下を流れる風か、人物を撮っていたと思う!

私の卒業制作は、「女盛り」
お金持ちのお嬢様も(お姫様)、普通の娘も、舞妓さんのように水商売で働く女性も、結婚をして、その先が幸せか、不幸せかの未来はわからないが、女の旬として、女盛りに結婚をテーマにして、写真を4枚張り合わせた物を提出して、卒業しました。
赤と黒で、幸せ、不幸せを表現しましたが、分かりにくいね~!

当時、藤純子の緋牡丹博徒の、娘さかりを渡世にかけて~で、どうしてもこの言葉以外の題名が、思いつかなくて、この言葉にしたけれど、育った良い環境から、結婚の新しいスタートが明るいか、暗いかわからないと、写真で表すのは、思った以上に難しい。

2年間の学生生活は、とっても楽しかったし、今また、新しい歌の世界に飛び込んで、超貧乏になって、とてもしんどいけどやっぱり楽しい!

花房君は、パンクバンドに進み、私は小さな子供にもわかりやすい歌を、歌っていますが、どちらも進みたい道に進んでいるという事だけは、確かです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

太田安子(プリンセスやすこ)

Author:太田安子(プリンセスやすこ)
大阪で活動中の60歳からがんばる人々の為の定年退職・引退・送別会・応援などの歌でおなじみの太田安子(プリンセスやすこ)の日々の活動報告、曲の紹介です!

■プリンセスやすこ
 (太田 安子)
生年月日:
昭和24年12月26日山羊座
血液型:AO型
デビュー:平成23年4月8日
職種:歌手・作詞家・カメラマン・ヘアーメイクアーティスト
スポーツ:テニス

■写真館/貸衣装

「プリンセスマーガレット」

もよろしくおねがいいたします。

QRコード
QR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
お問い合わせ・お知らせ
☆プリンセスやすこ出演依頼・チケット申し込み・CD/DVD購入などの各種お問い合わせは

プリンセスマーガレット
TEL072-824-8127
FAX072-824-2766
までよろしくお願いいたします。

☆公式Twitterアカウント変更しました
@ota_yasuko
皆様変更よろしくお願いいたします。
最新記事
Twitter
twitter フォロー