名古屋TV関根勤とみうらじゅんオンエアー

平成29年2月23日24時55分~25時55分名古屋TV関根勤とみうらじゅん、オンエアーされました。
AbemaTVは、24時25分~26時25分のニコニコ動画されました。
 
その前に、一部の人に連絡した時間を間違って、23時50分~と、1時間早く連絡して、AbemaTVも、23時25分~と、間違って連絡しました。
みんな仕事があって、朝が早いのに、ごめんなさいね。

さて、さて、どんな番組かは、まったく知らず、名古屋の地下アイドル紹介番組と、最初聞いていたので、AbemaTVが始まったら、名古屋の地下アイドルが、ずらりと生番組で、出てきた時は、やはり地下アイドル番組だ~と思ったのですが、やはり深夜番組、深夜番組らしい構成でした。

〈名古屋地下アイドル〉
名古屋CLEAR'S3人
カーニバル☆スターズ2人
NAGOYACOLOR2人
アイドル教室3人

MCは、井川修司さんです。
タモリ具楽部や11PMぼい内容で、男性目線、優先権の構成です。
女性目線じゃないですね~。

私の歌で、ラブラブラブホ~という歌が、ありますが、男目線と、女目線が、根本的に違うと言えます。

男は、本能的に女を抱いて、責任をとりたくない、色んな女を抱きたい、目移りする、時期が来て、的を絞り、自分の子孫を女に依託したい、子育てを役割を担う為に、責任をとりたいので、結婚をする。

女は、本能として子供を産みたい、男の遺伝子は優秀に越したことはないし、子育てに必要な環境として、稼いで帰ってくる男を本能的に、見つける。

この駆け引き、綱引きがこそが、恋愛であり、しょうもない遺伝子しか持っていない男は、恋愛の対象外だし、世の中を上手く泳げない、仕事のできない男はカスやと、思うのね。

イケメンで頭が良くて賢い男で、姿が良ければ、女はみんな夢中になるけれど、ライバルは多くて、自分を研鑽しなければ、他の女性との差はつかない。いい男はゲットできない。

神様は、子育てをしないで暮らすと、生命維持が継続しなくなるので、ドーバミンを出して、快楽を男女に与えて、子孫繁栄を計ったと思う。

子育ては、実に大変、放棄しないように、愛を育むのですが、男は、結婚しても、本能が優先されるのですね。色んな女に遺伝子を渡したいのね。
わかってるけど、私は色んな女に手を出す男は、やはり嫌ですね。

そおいう私の、若い男には、ついつい甘くなるのはわかるので、まぁ老人も含め、男が若い女に優しくて、ついおごってしまう習性は、わかります。

男でも、軽々しく女に手を出さないイケメンも知ってます。そんな男に惚れ惚れします。
その人は、今頃、偉く成ってる。

賢い男は、しょうもない女に手を出さないし、お茶すら飲まない。
その気すら絶対出さない、女の気持ちをあおることすらしない、その気もない人に、むやみに近づかない、撤してる。
そんな人は仕事もできるね~。

お待たせ~、24時55分、関根勤とみうらじゅんが始まりました。

前説、そんなこんなの、愛があるのか、本能だけで動かされるのか、わからないけど、男は結婚前や、人間だととてもじゃないけど、結婚という重い責任を果たせません。
だけど、恋愛ゲームをしたい男性には、うってつけのラブドールの工場に会社訪問、オリエント工業を、井川修司さんが紹介したのかな、ただ男性のラブドールが、なかったけど、多分需要が、ないのでしょうね。

今、NHKで、お母さん、娘やめていいですか?というドラマの中に出てくるラブドールは、オリエント工業の作品ではないかしらと、ドラマを見ながら思いました。

その後、関根勤とみうらじゅんは小牧辺りのラブホ探検に行ってますね~。
あ、私、完全に、この番組の1時間枠のスポンサーだと思いました。
ギャラを出してくれる人が、いないと番組は作れません。
スポンサーのCM代が、みんなのお給料を出してくれます。

ラブホで、愛するふたりが、愛を育まないと、スポンサーの収入にならなくて、ダメなのね~。

私がこの番組に出た縁もあるし、ラブホ~、ラブホ~、ラブホに行こうという、放送禁止の歌も、私歌っているんで、ついでにCMをします。

ラブラブラブホは、若いふたりの駆け引きの歌で、女は、必ず男からダイヤモンドをゲットしてから、行って下さいね。

この歌は、プリンセスやすこではなく、ブラックやすこで、歌っています。

KBS京都もラブホのCMしてるけど、名古屋TVもしてるのね~。

プリンセスやすこが、登場したのは、後半で、25時34分~48分で、CMを混ざっていたので、尺は予定通り、10分でした。

う~ん、遅れ毛が邪魔、長い髪がきち~んと、止まっていななくて、少したれている!
毎度のことながら、アップに耐えてないと、マイナス点が、どんどん出て着ますが、父さんの肩車を関根勤さんが、誉めてくれて、それまでのマイナス点を補ってくれました。

私が、番組を選ぶなんて、まだまだできないので、出て下さいと言われれば、喜んで出演します。
しかし、今回はプリンセスやすこではなく、ブラックやすこで出た方が、ピッタリやったかな!

関わった皆様みんな、ありがとうございます。
いかがでしたか!
10分の中に尺の関係で、出た人も出なかった人も、次の機会でまた会いましょうね。





スポンサーサイト



木屋町デューイΗ29-5シーマンを偲ぶ

平成29年2月20日(月)木屋町デューイH29-5です。

今日は黒一色です。京大落研の道楽亭海人シーマン、中島慶一郎君を思うと、黒一色になりました。

オーナー牧野さんは、やっぱり知っていました。
私は、みんな嘘ついてるんじゃないの~信じられないし、本当なんだろうのか~と、言えば、牧野さん、こんな嘘は、みんな絶対つかんだろうと言います。

どこから連絡があったんと、聞くと、京大の落研かららしい!
やはり彼は有名だったらしい!

連絡の内容を、牧野さんのスマホで見せて貰うと、金曜日の朝に亡くなり、金曜日の夜がお通夜で、土曜日がお葬式らしい!
時間と場所が、書いてあった。

もう、彼は煙りになって空に登って行ってしまったようです。

15日の水曜日に発見された時は、意識不明で、2日間の入院闘病で、意識は戻らず、あっちの世界に行ってしまった!
不本意にウィルスが、彼を連れて行ってしまった!

おぉ~い、行くな~と、彼を呼び止められなかったのが、残念です。
どんなに意識は無くとも、耳だけは聞こえているらしい。なぜだろう?

弟が脳内出血で倒れた時、意識は無くとも、聞こえているから、話かけて下さいと看護婦さんに言われ、弟の高校時代の友人に、朝早く連絡して、彼が来てくれた時は、嬉しくて、弟は意識はないけど、話かけてと、お願いしました。

朝の4時前後、血圧や脈、呼吸の酸素濃度を見て、もう数時間の命と看護婦さんに言われた時、どうしても生きている間に合って欲しかった高校時代の友人だったので、知らせるか迷って、迷って友人宅に留守電を入れました。
もう助からないとわかって、そっと見送るしかできなくて、私も母も、2日間側についていたけど、生き返るった人は、頭の上で呼び掛ける声がしたから、行かなかったと、話を良く聞きます。
意識は無くとも、耳は聞こえるのですね~。

後から、聞いた話で、助かった人は、みんな前で倒れた人や、おかしいとわかって、自分で救急車に電話した人も、助かったのだと聞きました。
倒れた場所で、生死を分けるのだと、感じました。


シーマンも発見した時は、意識不明だったといいます。

どこに住んでいたのでしょう。
1人暮らしのマンションなどの賃貸だったのかしら?

両親と同居の場合は、意識不明で発見されるなんて事は、ありません!

私も小学5年生の時、熱が出て学校を休み、
動けんかった時、火鉢には、おやかんが、かかり、チュンチュンの湯気があがり、ラジオがなっていて、朝の光を浴びて寝ていた事が、あります。

こんな情景は初めてだわと、寝ていましたが、熱が下がり、起きられるようになって、着替えて表の道に出て、雪のかたまりをさわった時は、まだ私もフラフラしていました。

看病してくれる母親が、側にいてくれて、見てくれたから、治ったんでしょうね。

1人暮らしの場合は、看病してくれる人が、いないから、治らずに、どんどん悪くなる可能性が、有るのよね。

しんどいから、食べたくない、食べないから、抵抗力がない、ますます起きれない!
もう、自分で電話もできないくらいになってしまったんだろうか?

誰か食事を運ぶ人はいなかったんだろうか?
あ~、男子寮などにいなかったんだろうか?
東レの総合職の男性は、独身寮があり、賄いの夫婦さんとかが、建物の中に同居していて、食事や建物管理をしているのですが、独身寮はなかったんだろうか!

やっぱり、今流行りのシェアハウス、シェアハウスやったら助かったのかな!
シェアハウスやったら、誰かが両親に電話するのも、病院に連絡するのも、看病もしてくれたかも知れない。
まだ、25歳か、26歳、平成生まれのシーマンの病死は、どうしたら防げたのかしらと、考えます。

放送業界の仕事はハードです。
十数人の人々が、一丸となって時間と共に、動きます。
以前収録にテイク1~テイク17迄かかったCM撮影に参加した事が、あります。
仕事は早く終ったり、長引いたりと、思うようには、進みません!

体力が、体力が、持ちこたえないほど働いていたのかな~。働き過ぎやったのかな~。労働時間も超過していたんやろか!

シェアハウスやったら助かったのかな~。

今日は、シーマンを偲んで、歌舞音玉を自粛しました。
歌う気になりませんでした。

お昼は、雨の中、姪にシーマンが作ったDVDを郵便で送りました。
今、産休中なんですが、その姪親子もインフルエンザに、今年はかかりました。大丈夫かしらね、大丈夫?

姪に、シーマンが、作った「なんてったってアイドル」をYouTubeにアップして下さいとお願いしました。いつかアップします。

京都三条大橋は、傘をさして歩きました。
シーマンが、降らせている雨かな~。
シーマンの雨に打たれながら、デューイに行き、帰る時はあがってました。

店長牧野さんとそろって、雨あがりの木屋町通りを歩き、鉄のカボチャに乗って帰りました。




プロフィール

太田安子(プリンセスやすこ)

Author:太田安子(プリンセスやすこ)
大阪で活動中の60歳からがんばる人々の為の定年退職・引退・送別会・応援などの歌でおなじみの太田安子(プリンセスやすこ)の日々の活動報告、曲の紹介です!

■プリンセスやすこ
 (太田 安子)
生年月日:
昭和24年12月26日山羊座
血液型:AO型
デビュー:平成23年4月8日
職種:歌手・作詞家・カメラマン・ヘアーメイクアーティスト
スポーツ:テニス

■写真館/貸衣装

「プリンセスマーガレット」

もよろしくおねがいいたします。

QRコード
QR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
お問い合わせ・お知らせ
☆プリンセスやすこ出演依頼・チケット申し込み・CD/DVD購入などの各種お問い合わせは

プリンセスマーガレット
TEL072-824-8127
FAX072-824-2766
までよろしくお願いいたします。

☆公式Twitterアカウント変更しました
@ota_yasuko
皆様変更よろしくお願いいたします。
最新記事
Twitter
twitter フォロー