左義長祭り

かつやま左義長まつりが、2月の最終土日だと、思うけどあります。左義長が過ぎると、春がやってきます。

左義長は、勝山の一年のお祭りの始まりです。お祭りは、心をワクワクさせます。

左義長は町の道路に、短冊を、二列か三列、または四列ズットつり下げます。ユラユラ風にゆれる短冊を見ながら歩くのも楽しみで、短冊はたいがい三色、赤、白、緑か、赤、白、青です。厄除けの意味があるらしいです。町が短冊に包まれると春ですね。

私の住んでいた富田という町内は、残念ながら立派な櫓はなく、公民館が櫓の代わりをしました。祭りがちかずけば、町内の子供が集まって、太鼓の練習です。1人が太鼓に座って、叩く時や、2人で叩く時と、たたき方はあります。左義長は、子供も、大人も、楽しめる祭りです。

太鼓は、簡単に叩けるようで叩けません。しんどくて、一分も叩くと、腕がしんどいって、悲鳴をあげます。毎日練習をして、長く叩けるようになります。

祭りの当日、櫓の上で太鼓を叩くのは、大人も子供もいざ本番、高い櫓の上で、色とりどりの襦袢を身につけて叩きます。
子供の頃、父が勝山本町の一番メインの櫓に登って、得意げに太鼓たたくのを見て、意外とかっこいいやんと思った事があります。その瞬間が花いきいきしているのが良かったですね。
町のみんなが主役なんですね。いいわ~。
太鼓の他に笛や三味線のお囃子がつきます。唄もあります。
町屋花屋、花屋のねんね、また乳飲むか、あぁーんわからんようになった、町屋も、長屋かも知れない。ちょうやはなや、はなやのねんねでねんねは赤ちゃんです。
チャン、チャン、チャンと三味線のバチがリズムを刻み、歌います。
降る年や、暖かい年、色んな年が、毎年やってきますが、今年は雪の多い年で、どんな年だったのかしらと思いを馳せます。

祭りの文化が、残るふるさと勝山は、14年中学2年迄しかいず、大阪がもう48年になります。

勝山に育った事は、良かったです。

春になるとお寺の縁日が始まります。あっちこっちのお寺の縁日にお金、五円、十円、百円を貰って、金魚すくいをするのが楽しみでした。
祭りは、9月までずっと続きます。
白山神社、お神名さんが最後かしら、おしんめさんと記憶があって漢字は間違ってると思う。

とにかく、父が買ってきてくれた、赤い絹の着物を着て、祭りを見に行く事も、楽しみでした。肩上げ、腰上げを、下ろして貰い、身長にあわせて、母に縫って貰う事が良かったです。

祭りは、大好きです。家にいないで、さぁ見に行こうというと、お出かけするのが、楽しいのですね。
スポンサーサイト



木屋町デューイ5

2012年2月23日は、シルバーウイングスに、PM7時入り、予定より1時間遅れの10時にデューイに入りました。

ツーステージを、時間とにらめっこしながら、どうやら必死にこなしました。

はしご、掛け持ちはいけませんね、わかっているのにしてしまいました。

シルバーウイングスは7時オーブン、デューイ8時オーブン、この時間差を狙ったのですが、化粧に時間がかかり、思っ以上に人が集まりました。

移動をギリギリ9時45分まで伸ばし、着替えず、赤いドレスのままタクシーに乗り込み、河原町味ビル横、バル横の細道を走りました。

タクシーの運転手さんドレス姿の私を見て、60歳には見えないと驚いてました。

そしてレッドさんが、歌い終わっても、待っててくれました、ありがとう。

次回、3月1日は、田代美代子とマヒナスターズの、愛して愛してあいしちゃつたのよを歌いましょうと、デェット曲をお願いしたけれど、練習して来てくれるかしら、練習して、来てくださいね。

これでストーリーは、完璧。

恋愛して、結婚ということで、2曲目はお嫁さんを歌い、3曲目は60歳のシンデレラを歌う。

ララララーンです。

本当はすぐ歌いたかったのですが、カラオケと違い、歌詞がないと歌えません。残念~。
さて23日は、五番街のマリーへを、1番に歌いました。

ストーリーとしては、仕事の都合で離れて暮らさないといけなくて、別れたけれど、また1人で暮らしていて、再会、結婚、お嫁さんで、60歳のシンデレラです。

東レのバンド時代の持ち歌なのですが、けっけう高いキーがあり、大変です。

ファルセットが難しい、手の平を返すように、地声とファルセットを切り替えないといけないのですが、練習では上手く歌えても、いざ本番、音源が鳴り出すと、緊張から、地声で、通うぱしってしまう、苦しい。

シルバーウイングスでは標準キー±0で、デューイさんは+3で歌い、今度は、声が小さくなった。ファルセットは、声に芯が無くなって、弱々しくなってしまいました。

思ったように歌えませんでしたし、歌詞も所々間違えました。アカン、アカンです。もっと歌詞を頭に叩き込まないといけません。

シルバーウイングスさんの歌う順
①ブリンセスやすこ
②水野智広
③億アフタービート西脇さん
④カッチーン
⑤リュージさん
⑥寺田さんー木戸
途中から移動。
⑦マロさん
⑧濃厚(ノウコウ)

デューイ
①濃厚
②レッドさん
③森川さん
④ブリンセスやすこ

歌の題名、今回バスします。ごめんね。
プロフィール

太田安子(プリンセスやすこ)

Author:太田安子(プリンセスやすこ)
大阪で活動中の60歳からがんばる人々の為の定年退職・引退・送別会・応援などの歌でおなじみの太田安子(プリンセスやすこ)の日々の活動報告、曲の紹介です!

■プリンセスやすこ
 (太田 安子)
生年月日:
昭和24年12月26日山羊座
血液型:AO型
デビュー:平成23年4月8日
職種:歌手・作詞家・カメラマン・ヘアーメイクアーティスト
スポーツ:テニス

■写真館/貸衣装

「プリンセスマーガレット」

もよろしくおねがいいたします。

QRコード
QR
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
お問い合わせ・お知らせ
☆プリンセスやすこ出演依頼・チケット申し込み・CD/DVD購入などの各種お問い合わせは

プリンセスマーガレット
TEL072-824-8127
FAX072-824-2766
までよろしくお願いいたします。

☆公式Twitterアカウント変更しました
@ota_yasuko
皆様変更よろしくお願いいたします。
最新記事
Twitter
twitter フォロー